そろもんとあそぶ

星6絵隠していないので注意

【メギド72】第6回共襲:ルベアルクス、フォルデトル、スペルト攻略

こんにちは、海月です。

今回は第6回共襲の攻略方法を解説します。

ルベアルク

敵ステータス

f:id:kurage_tei:20200315132931j:image

・特性

やや分かりにくい文ですが、

「アーマーを割ると敵味方点穴+100、12000の攻撃を受けた際、その攻撃を行った敵の点穴を大幅に増加」ということです。

・スキル

煉獄の炎+点穴増加 そこまで驚異ではない。

・覚醒スキル

全体攻撃。これもそこまで驚異ではない。

・奥義

アーマーの貼り直し。アーマーを削ってる途中で貼り直されないよう、アーマーは一撃で削り切ろう。特性の点穴増加のお陰で2回目以降のアーマー削りは大幅に楽になる。

基本情報

相手は防御力が高く、普通の攻撃ではなかなかダメージを与えられない。また、敵の特性にはこちらの点穴を増加させる効果がある。そのため、敵の特性を活かしつつ点穴をメインとした攻略がオススメ。アーマーがない状態のボスのアタックは常に点穴+100のため、回数バリアなどで対策しないと危険。Twitterを見てみるとBバティンでアーマーを1ターン目で破壊するのも良いらしい。

編成例・立ち回り

f:id:kurage_tei:20200315133942j:image

Rストラスをメイン火力にした編成。イポスの追撃やパイモンの魅了での攻撃でも点穴増加の特性が発動するため、ハマれば大幅にダメージを稼げる。フリアエのバリアで前列の生存率も上がる。

始めにアーマーを削り切りましょう。レベル70での点穴95以上の攻撃で一撃破壊が可能。アーマー破壊後、相手の特性でラッシュメギド全員が点穴+100されます。後は相手の攻撃に気を付けつつ、点穴攻撃を当てまくりましょう。

フォルデトル

敵ステータス

f:id:kurage_tei:20200315135148j:image

・特性

防御貫通、地形無効、アタック時30%で混乱付与。めちゃくちゃ厄介です。

・スキル

ランダムにペインフォトン追加+自身にアタック追加。実質アタックの上位互換なので、あまり敵にスキルを取らせないようにしましょう。

・覚醒スキル

強化解除+攻撃力大幅低下。点穴での攻略なら使われても全く問題ないです。

・奥義

全体攻撃+フォトン転換。レベルが上がるとフォトン転換の確率が上がり、覚醒奪取もつきます。

基本情報

敵の防御力が非常に高く(6880)、攻撃力ダウンもあるため、点穴での攻略がオススメです。

敵の混乱の対策はワントップが楽です。ルベアルクスとは違って、敵からの点穴補助はありません。その代わり、ステージ自体に点穴上限+100、点穴増加量+5の効果があります。有効に活用しましょう。

編成例・立ち回り

f:id:kurage_tei:20200315140937j:image

ベリアルでの攻略です。ガープで敵のアタックを耐えつつ、ベリアルの点穴を溜め、フォトン容量増加での固定砲台を放ちましょう。スキルフォトンが出ないとダメージが伸びないのが悩みどころ。ちなみに、固定砲台はペインフォトンででも撃つことが可能です。適のスキルで運良くベリアルに追加されたらラッキー。

スペルト

f:id:kurage_tei:20200315141405j:image

敵ステータス

・特性

チェイン攻撃を当てると覚醒ゲージが減ります。(チェイン1なら-3、チェイン5なら-15)火ダメージを70%軽減するため、攻撃手段には注意。

・スキル

全体攻撃+敵味方覚醒増加。こちらも覚醒スキルや奥義を連発できますが、相手の奥義も早まるため、相手にスキルを優先して取らせるのはオススメできません。

・覚醒スキル

全体確定フォトン破壊。相手がチャージ追加もします。奥義が優先されるため、あまり使われることはない。

・奥義

即死です。

基本情報

いかにして相手の奥義を防ぐかが重要なボスです。スキルを多く取らせない、チェイン、オーブでの覚醒減少など必ず対策手段を採りましょう。前の2体とは異なり、こちらが採れる攻撃手段は豊富です。

編成例・立ち回り
f:id:kurage_tei:20200315142736j:image

パイモンラッシュです。オート周回も可能。カラミティエッグで凌ぎつつ地道に削りましょう。ブネを採用すれば火力は少し落ちますが生存率が上がります。

効率とかの話

始めたての初心者さんは、スペルトを周回しましょう。他の2つは敵にダメージが与えづらく、キャラが揃っていないと苦戦必死です。

ベリアルやRストラスなど強力な点穴アタッカーがいる場合は、ルベアルクス、フォルデトルも回りましょう。撃破数報酬を貰うために3体とも満遍なく回しましょう。